プレスリリース

2016年11月 1日 BookLive、白ヤギコーポレーションと資本・業務提携

news_release.png

2016年11月1日
株式会社BookLive

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
BookLive、白ヤギコーポレーションと資本・業務提携
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株式会社BookLive(本社:東京都港区、代表取締役社長:淡野 正、以下:BookLive)は、データ分析サービスを手掛ける株式会社白ヤギコーポレーション(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:渡辺 賢智、以下:白ヤギコーポレーション)と資本提携契約を2016年10月31日に締結し、業務提携契約を2016年11月末までに締結。同社の株式約35.79%を取得し持分法適用関連会社としました。
 BookLiveは、白ヤギコーポレーションとの資本・業務提携により、データ解析に基づくマーケティング分野における新サービスを開発、自社で展開する総合電子書籍ストア「BookLive!」および、電子コミックストア「ハンディコミック」でのユーザーサービスをより一層強化し、電子書籍サービスのさらなる拡大を図ります。

■資本・業務提携の目的
BookLiveは、国内最大規模の総合電子書籍ストア「BookLive!」を展開し、事業を拡大しています。白ヤギコーポレーションは、2014年にApp Store ベストアプリを受賞した「カメリオ」に代表される、データやコンテンツの収集、解析に強みを持っており、データ解析に基づくビジネス課題の解決にも実績があります。
 今回の資本・業務提携により、総合電子書籍ストア「BookLive!」のユーザー動向や購買履歴など膨大なデータを白ヤギコーポレーションが持つデータ解析技術を活用して分析。新たなレコメンド機能や将来の需要予測など、電子書籍事業においてユーザーごとのきめ細かいサービスの開発を進めます。

■今後の目標
BookLiveは、白ヤギコーポレーションとのパートナー関係のもと、ビッグデータ解析・機械学習・自然言語処理分野において相互的事業拡大を推進し、それぞれの強みを活かすとともに両社のサービス内容の向上を目指し、お互いの企業価値の向上を図ります。

【株式会社白ヤギコーポレーションについて】
白ヤギコーポレーションは、2013年5月の創業以来「カメリオ」や「カメリオAPI」の開発・運営を中心に、ビッグデータ解析、自然言語処理、機械学習を軸としたサービスの作成・運用を行っています。
●コーポレートサイト https://shiroyagi.co.jp/

【株式会社BookLiveについて】
BookLiveは、「新しい価値を創造することで、楽しいをかたちにする」を企業理念とし設立されました。読者の利便性を最優先に、「いつでも、どこでも、だれにでも、簡単に本が読める環境」の実現を目指し、事業を展開しています。また、設立以来、業界を牽引する様々な企業と連携し、新たなビジネスモデルを創出するなど、電子書籍の新たな可能性の探求を続けています。
●コーポレートサイト https://www.booklive.co.jp/


* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

【本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先】
株式会社BookLive 広報担当
連絡先:press@booklive.co.jp