プレスリリース

2017年2月23日 BookLive、自社オリジナル・コミック作品の提供を強化

news_release.png

2017年2月23日
株式会社BookLive

--------------------------------------------------------------------------------
自社オリジナル・コミック作品の提供を強化
アプリックスIPパブリッシング株式会社およびフレックスコミックス株式会社の子会社化
により自社オリジナル・コミック作品の編集体制を拡充し、サービス強化
--------------------------------------------------------------------------------

株式会社BookLive(本社:東京都港区、代表取締役社長 淡野 正、以下「BookLive」)は、国内最大規模の総合電子書籍ストア「BookLive!」を展開しています。
 このたび、BookLiveはアプリックス出版ホールディングス株式会社が保有するアプリックスIPパブリッシング株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 長橋 賢吾、以下「AIPP」)および、フレックスコミックス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 長橋 賢吾、以下「FC」)の発行済株式の全てを取得し、子会社化します。
 これにより、電子書籍ストア「BookLive!」でオリジナルのコミック作品を提供する自社コンテンツ事業の拡大を図ります。

FCは、『ブレイクブレイド』や『恋愛暴君』などの人気コミック作品を刊行し、無料マンガサイト『COMICメテオ』、『COMICポラリス』を運営しています。
 今回の子会社化により、FCの持つ人気コミック作品がBookLive!で提供可能となるとともに、FCの編集部門と協力し、新たな自社オリジナル・コミック作品の創出を進めます。 さらに運営するサイトの相互送客による集客、販売強化も行い、それぞれの強みを活かしたサービスの向上を図ります。

 

■株式取得について
・クロージング予定日:2017年3月31日

・アプリックスIPパブリッシング株式会社について
アプリックスIP.png

・フレックスコミックス株式会社について
フレックスコミックス.png

■今後の目標
 BookLiveは、本株式取得を通してストア事業に次ぐ事業として自社コンテンツ事業を強化し、会員数500万人を目指します。

【株式会社BookLiveについて】
BookLiveは、「新しい価値を創造することで、楽しいをかたちにする」を企業理念とし設立されました。読者の利便性を最優先に、「いつでも、どこでも、だれにでも、簡単に本が読める環境」の実現を目指し、事業を展開しています。また、設立以来、業界を牽引する様々な企業と連携し、新たなビジネスモデルを創出するなど、電子書籍の新たな可能性の探求を続けています。
●コーポレートサイトhttps://www.booklive.co.jp/


【本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先】
株式会社BookLive 広報担当
連絡先:press@booklive.co.jp