• 2023年12月22日

ひたむきな少女とすべてを諦めた吸血鬼の物語『花秘める君のメテオール』 12/22(金)より総合電子書籍ストア「ブックライブ」で独占先行配信開始

News Release



2023年12月22日
株式会社BookLive

ひたむきな少女とすべてを諦めた吸血鬼の物語
『花秘める君のメテオール』 12/22(金)より
総合電子書籍ストア「ブックライブ」で独占先行配信開始

~「ブックライブ」公式YouTubeチャンネルにて、
声優の大塚剛央さん・本渡楓さん主演のボイスコミックも公開!~

TOPPANホールディングス株式会社のグループ会社である、株式会社BookLive(本社:東京都港区・代表取締役社長:淡野 正・以下:当社)は、出版者「ライブコミックス」としてオリジナルコミックを制作・配信しています。総合電子書籍ストア「ブックライブ」にて、12月22日(金)より、『花秘める君のメテオール』(作者:珠森ベティ)の独占先行配信を開始しました。
また配信を記念して、当社が運営する「ブックライブ」公式YouTubeチャンネルにて、声優の大塚剛央さん・本渡楓さん主演のボイスコミックも公開しました。
●公式YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/@BookLiveOfficial

Ⓒ珠森ベティ/ライブコミックス

■『花秘める君のメテオール』について
電子書籍でシリーズ累計600万DL突破(※2023年10月末時点)、無難な結婚を夢見るアラサーOLが年下わんこの男性に溺愛される年の差ラブストーリーが話題を呼んだ『ねぇ一色くん、私のこと好きでしょう?』の作者・珠森ベティ氏が贈る最新作、『花秘める君のメテオール』。
光の王国と呼ばれるヴァレンティン王国には、何百年も前から国のどこかに幽閉されている「呪われた怪物」の心身を鎮めるため、百年に一度、生娘(きむすめ)数人を生贄に捧げるという「怪物の花嫁」の噂がありました。ある日、その「怪物の花嫁」に、クインウィッチ子爵家の養女ステラの妹・リリネットが選ばれてしまいます。ステラは、妹の身代わりとなる決意をし、「呪われた怪物」が幽閉されている屋敷へと赴きます。そして出会った「呪われた怪物」とは、吸血鬼のラビだったのです。
ひたむきに未来を見つめ進もうとするステラと、すべてを諦めた吸血鬼・ラビ。珠森ベティ氏が繊細な筆致で描く、2人の出会いと行く末にぜひご注目ください。
 
■作品情報
・作品名:『花秘める君のメテオール』 第1~3話
・配信開始日:2023年12月22日(金)
・作者:珠森ベティ
・価格:第1話198円(本体180円+税)、第2・3話:165円(本体150円+税)
・作品URL:https://booklive.jp/product/index/title_id/10008890/vol_no/001
※2024年1月25日(木)まで第1話無料キャンペーン実施中
 
【あらすじ】
「私はあの夜、呪われた怪物の花嫁になった――」
クインウィッチ子爵家の長女・ステラは養女だが、心優しい家族と共に幸せに暮らしていた。
しかしある日、ステラの妹・リリネットが「怪物の花嫁」に選ばれてしまう。百年に一度、生贄を必要とする呪われた怪物が幽閉されている城へ、リリネットの身代わりとして出向くことを決意するステラ。
そこで出会った怪物は、血塗られた吸血鬼・ラビだった――。
ひたむきな少女とすべてを諦めた吸血鬼、二人が織りなす切なくも美しい愛と呪いの物語。
 
■ボイスコミック概要
・作品名:『花秘める君のメテオール』
・動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=fsRXrQfmxbA
★ブックライブ公式YouTubeチャンネル・TikTok、ブックライブの書店員がマンガ、アニメ、書籍などをおすすめするサイトの「ぶくまる」公式X(@bukumaru_2)でも、作者珠森ベティ氏の貴重な下絵で構成されたティザー動画3本を公開中です。
・YouTube:https://www.youtube.com/@BookLiveOfficial
・TikTok:https://www.tiktok.com/@booklive_official
・「ぶくまる」公式X:https://twitter.com/bukumaru_2
 
<キャスト>

ラビ役:大塚剛央(おおつか たけお)さん
・誕生日:10月19日
・出身地:東京都
 
【主な出演作品】
・【推しの子】(アクア役)
・薬屋のひとりごと(壬氏役)
・風が強く吹いている(蔵原走役)
 
【コメント】
今回収録した部分ではタイトルにもある『花』が要所要所で描かれていますが、これがどういう意味を持ってくるのか、まだ謎に包まれている部分や、美しく仄暗い雰囲気が印象的でした。
ラビは鬱屈とした空気を纏っていますが、それがこの先ステラと関わっていく中で、二人の関係含めどうなっていくのか、物語の展開が非常に楽しみです!
 

ステラ役:本渡楓(ほんど かえで)さん
・誕生日:3月6日
・出身地:愛知県
 
【主な出演作品】
・Dr.STONE(キリサメ役)
・ゾンビランドサガ(源さくら役)
・パリピ孔明(月見英子役)
 
【コメント】
前向きでひたむきな少女、ステラの声を担当致します、本渡楓です。
今作に最初に出会った時、なんて美しく強い作品なんだろうと感じました。絵や色づかい、ステラとラビの表情が綺麗すぎて声をあてるのに緊張してしまいました。
ステラは人を思いやれる優しさと心に秘めた芯がある、魅力的な子です。是非、ボイスコミックでもお楽しみください!
 
★「ぶくまる」公式X(@bukumaru_2)にて、大塚剛央さん・本渡楓さん・作者珠森ベティ氏の連名サイン色紙が、抽選で3名様に当たるプレゼントキャンペーンを開催中です。ぜひ奮ってご応募ください!
実施期間:2023年12月22日(金)~ 2024年1月5日(金)23:59
応募方法:「ぶくまる」公式アカウントをフォローし、対象のポストをリポスト
・「ぶくまる」公式X:https://twitter.com/bukumaru_2
 
■珠森ベティ作『ねぇ一色くん、私のこと好きでしょう?』 第3巻グッズ付き特装版好評発売中(完結巻)

【セット内容】
・『ねぇ一色くん、私のこと好きでしょう?』第3巻(紙単行本)
・タキシード姿の一色蓮 アクリルスタンド(描き下ろしイラスト)
<グッズ付き特装版購入者限定特典>
・描き下ろしSSカード
(見開き・中面2Pに和花と一色のオリジナルショートストーリーマンガを掲載)
 
・販売価格:¥ 2,970(税込)
・商品ページ:https://flex-comix.booth.pm/items/5300966
 
※画像はイメージです。
※グッズ付き特装版は紙単行本のみでの発売です。電子版である特装版にはグッズ付きはございません。
※商品仕様などは、予告なく変更になる場合がございます。
 
★連動企画として、第3巻の電子版である特装版には神崎部長の描き下ろしショートストーリー付き!
総合電子書籍ストア「ブックライブ」 https://booklive.jp/ にて配信中です。
・作品URL:https://booklive.jp/product/index/title_id/10007681/vol_no/003
 
【あらすじ】
「ずっとずっと、想ってくれてありがとう――」
結婚は考えられないという一色の言葉を偶然耳にした和花。結婚が人生のすべてじゃないことはわかっている。けれど、一色との”これから”に不安を覚えたことも事実。
揺れる想いを吐き出せぬまま、時は過ぎていく。和花と一色、それぞれが選んだ未来とは――?
無難な結婚を夢見るアラサーOLが年下わんこになつかれ、落とされ、溺愛される極上年の差ラブストーリー、最終巻。
 
※『ねぇ一色くん、私のこと好きでしょう?』紙単行本&電子特装版 全3巻、単話版(電子版)全15話、好評発売中
 
総合電子書籍ストア「ブックライブ」は、”いつも心に「マンガ部屋」を。”をコンセプトに、人生を豊かにする本との出会いと、心ゆくまで楽しむことができるサービスを今後も提供してまいります。

————————————————————————————————-
【総合電子書籍ストア「ブックライブ」について】
ブックライブは、2011年よりサービスを開始し、豊富な品揃えで100万冊以上配信する国内最大級の総合電子書籍ストアです。読者の利便性を最優先に、いつでも、どこでも簡単に楽しめるサービスを提供しています。
 
●総合電子書籍ストア「ブックライブ」https://booklive.jp/
●公式X(旧Twitter)https://twitter.com/BookLive_PR
 
————————————————————————————————-
【株式会社BookLiveについて】
BookLiveは、「新しい価値を創造することで、楽しいをかたちにする」を企業理念に、電子書籍ストアやマンガアプリ等の運営を通じて、読者の心を豊かにするコンテンツの提供やIPの創出を行っています。またテクノロジーが進化するなかで、クリエイターやコンテンツの価値向上を目指すと共に、新たなビジョンとして「グローバル・デジタル・エンターテイメントカンパニーへの飛躍」を掲げています。
当社は今後もBookLiveグループの強みを活かし、様々な企業と連携することで、より良質なコンテンツを生み出し続けるエコシステムを構築していきます。
URL: https://www.booklive.co.jp/

本文中に記載されている会社名、サービス名及び製品名等は各社の登録商標または商標です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先】
株式会社BookLive 広報・PR担当 e-mail:booklivepr@booklive.co.jp