• 2013年6月10日

「BookLive!」、司馬遼太郎初の本格電子化作品『竜馬がゆく』全8巻を配信開始

 

news_release.png2013年6月10日
株式会社BookLive

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「BookLive!」、司馬遼太郎初の本格電子化作品『竜馬がゆく』全8巻を配信開始
~購入者全員に10%のポイントバックキャンペーンを実施~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

国内最大級約16万冊の電子書籍を取り扱う株式会社BookLive(本社:東京都台東区、代表取締役社長:淡野 正、以下:当社)は、総合電子書籍ストア「BookLive!」にて、司馬遼太郎の長編小説として初めて電子化される株式会社文藝春秋発行の『竜馬がゆく』全8巻を6月21日より順次配信します。

130610.jpg
『竜馬がゆく』は、全8巻の総発行部数が2500万部を超える日本を代表する文学作品です。土佐の郷士の次男坊に生まれながら、ついには維新回天の立役者となった坂本竜馬の奇跡の生涯を、激動期に生きた多数の青春群像とともに壮大なスケールで描きあげた、司馬遼太郎の永遠のベストセラーで、1962年6月21日に産経新聞夕刊にて連載が開始され、50年の時を越えて、今回電子書籍として発売されます。6月21日に第1~3巻、7月12日に第4~6巻、司馬遼太郎生誕90年となる8月7日に第7、8巻を配信します。

 
「BookLive!」では、『竜馬がゆく』の特集ページを設けて作品を紹介するとともに、購入者には購入金額の10%のポイントを付与するキャンペーンも実施します。また、特集ページからは、クリック1つで気になる書籍の発刊情報を登録できる「新刊通知ボタン」を設置し、作品の入荷をお知らせします。

当社は今後も出版社と連係し、著名な作家の作品を配信する取り組みを進め、本が好きなユーザーに対して電子書籍の魅力を伝えていきます。

■『竜馬がゆく』作品紹介
著者: 司馬遼太郎
販売価格: 660円(第1~8巻共通)
発売日: 6月21日 第1~3巻/7月12日 第4~6巻/8月7日 第7~8巻

■著者紹介/司馬遼太郎(しば・りょうたろう)
13061002.jpg
大正12(1923)年、大阪市に生れる。大阪外国語学校蒙古語科卒業。昭和35年、『梟の城』で第42回直木賞受賞。41年、『竜馬がゆく』『国盗り物語』で菊池寛賞受賞。47年、『世に棲む日日』を中心にした作家活動で吉川英治文学賞受賞。51年、日本芸術院恩賜賞受賞。56年、日本芸術院会員。57年、『ひとびとの跫音』で読売文学賞受賞。58年、「歴史小説の革新」についての功績で朝日賞受賞。59年、『街道をゆく”南蛮のみちⅠ”』で日本文学大賞受賞。62年、『ロシアについて』で読売文学賞受賞。63年、『韃靼疾風録』で大佛次郎賞受賞。平成3年、文化功労者。平成5年、文化勲章受章。著書に『司馬遼太郎全集』『司馬遼太郎短篇全集』『坂の上の雲』(文藝春秋)ほか多数。平成8(1996)年没。

 
■『竜馬がゆく』ポイントバックキャンペーン概要
キャンペーン内容: 『竜馬がゆく』第1巻~8巻をご購入の方に、それぞれ購入金額の10%を付与します。
特集ページURL: http://booklive.jp/feature/index/id/ryoma130605
キャンペーン期間:
第1巻~3巻  6月21日~7月11日
第4巻~6巻  7月12日~8月1日
第7,8巻       8月7日~8月27日

【株式会社BookLiveについて】
BookLiveは、「新しい価値を創造することで、楽しいをかたちにする」を企業理念とし、トッパングループの電子書籍ビジネスを担う企業として設立されました。読者の利便性を最優先に、「いつでも、どこでも、だれにでも、簡単に本が読める環境」の実現を目指し、事業を展開しています。また、設立以来、業界を牽引する様々な企業と連携し、新たなビジネスモデルを創出するなど、電子書籍の新たな可能性の探求を続けています。
●電子書籍ストア「BookLive!」              http://booklive.jp/
●コーポ レートサイト                           http://www.booklive.co.jp/
●「BookLive!Reader Lideo」ECサイト   http://direct.booklive.jp/shop/contents/top/

本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先】
株式会社BookLive  広報担当
連絡先:03-3835-6211  e-mail:press@booklive.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━