ダンスパフォーマンスチーム「RAB(リアルアキバボーイズ)」のメンバー・マロン氏が描く新作マンガ『ネット死語ちゃん』が、総合電子書籍ストア「ブックライブ」内のコンテンツサイト「ぶくまる」で無料公開!

ダンスパフォーマンスチーム「RAB(リアルアキバボーイズ)」のメンバー・
 マロン氏が描く新作マンガ『ネット死語ちゃん』が、
 総合電子書籍ストア「ブックライブ」内のコンテンツサイト
 「ぶくまる」で無料公開!

~令和ではもはや死語となったネット用語が、擬人化キャラクターに!
 キリ番ちゃん、キボンヌちゃん、今北産業くんなどが登場~

凸版印刷株式会社のグループ会社である、株式会社BookLive(本社:東京都港区・代表取締役社長:淡野 正)は、ダンスパフォーマンスチーム「RAB(リアルアキバボーイズ)」のメンバー・マロン氏による新作マンガ『ネット死語ちゃん』を、総合電子書籍ストア「ブックライブ」内のオリジナルコンテンツサイト「ぶくまる」にて、3月18日(木)より連載を開始します。
Ⓒ死立オワコン高校理事会

 『ネット死語ちゃん』は、2020年5月にRAB(リアルアキバボーイズ)のYouTubeチャンネル内の生配信番組から企画がスタートしました。「令和発 新感覚擬人化IPコンテンツ」というコンセプトで視聴者たちからアイデアを募り、Twitterのハッシュタグ「#ネット死語ちゃん」を用いた投稿を呼びかけ、懐かしのネット用語と、そこからイメージする擬人化イラストが多数投稿されました。
マロン氏をはじめとするRABのメンバーに加え、シナリオ担当として徒箪バケツ氏が参加。これまで12回にわたる生配信番組を通じて、視聴者たちと一緒に企画を練り上げてきました。
  
当初は、「コロナ禍が収束した後のコミケに向けて、みんなと一緒にコンテンツを作りたい」という思いが企画の発端にあったものの、依然コミケ再開の見通しは立ちづらく、マンガ作品としての『ネット死語ちゃん』をどう発表するかを模索していたマロン氏たち。そこでタッグを組むことになったのが、総合電子書籍ストア「ブックライブ」内のオリジナルコンテンツサイト「ぶくまる」(https://booklive.jp/bkmr)です。
 「ぶくまる」では、マンガ作品に関するコラムやテーマ別のおすすめマンガ紹介、そして無料の連載マンガを日々公開しています。
  
 マロン氏は約2年半にわたって、エッセイマンガ『新・RAB(リアルアキバボーイズ)の日常描いてみた』を「ぶくまる」で連載してきました。その縁もあって、『ネット死語ちゃん』のプロジェクトでは、ブックライブの担当者も生配信番組に声で出演。企画の進捗確認や、マロン氏たちと丁々発止のやり取りを繰り広げた末、「ぶくまる」での連載決定に至りました。
 3月18日(木)の生配信では、「まずは6か月」という連載期間と、そこから先の連載継続を左右する「SNSチャレンジ企画」が発表されました。
①「ぶくまる」公式Twitterアカウント(https://twitter.com/bukumaru)発の、
  『ネット死語ちゃん』連載告知ツイートへの「いいね」「RT」「引用RT」数
 ②掲載ページ上部シェアボタンからの、Facebookいいね数およびTwitterシェア投稿数
 上記①と②の合計が6ヶ月間で4,000件に届いた場合には、以後も連載継続、となります。
  
 マンガ『ネット死語ちゃん』の今後の展開や、SNSチャレンジ企画の進捗については、今後も随時RAB(リアルアキバボーイズ)の生配信番組内で語られていく予定です。
 インターネット黎明期を過ごしてきた人にとっては懐かしいワードが次々登場し、そして動画配信やSNSを活用した現代ならではの「みんなで作る」コンテンツ、『ネット死語ちゃん』。プロジェクトの今後にぜひご注目ください。
  
  
■作品掲載情報 タイトル:『ネット死語ちゃん』
 著者:作画…マロン(RAB)
    シナリオ…徒箪バケツ
作品URL:https://booklive.jp/bkmr/rab-net-shigochan000 ※総合電子書籍ストア「ブックライブ」内のオリジナルコンテンツサイト「ぶくまる」内
 公開日:3月18日(木)に、Twitterで公開済みの「エピソード0」を掲載。
     3月26日(金)に、新作である第1話を公開。以降、隔週で連載予定。
  
『ネット死語ちゃん』エピソード0 サンプルページ   
  
■著者からのコメント
 ●作画担当:マロン(RAB)
今回『ネット死語ちゃん』にて作画を担当させていただくRAB(リアルアキバボーイズ)のマロンです!
 ネット上の死語をネット上の皆さんと擬人化していくという最初は軽い気持ちから始まったプロジェクトでした。しかし気がつけば皆さんの情熱により世界は広がり、この度漫画連載という形になりました!本当にありがとうございます!皆さんが産み出したキャラクター達を活き活きと動かせるように頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします!
  
●シナリオ担当:徒箪バケツ 『ネット死語ちゃん』シナリオ担当の徒箪バケツです。
 「や、最近の若い子って"Flash"とか"フロッピー"とか知ってるんですかね…?」みたいな会話から超軽い気持ちで始めたプロジェクトですが、想定を大きく上回るキャラクター数と、ご声援でむしろ制作チーム側が追いつかないという異常事態になりつつあります!この度なんと連載までいただくことになり、より皆様にインターネット老人会の真髄をお見せできるように頑張ってまいります。よろしくおねがいします。
  
  
■著者プロフィール
 ●RAB(リアルアキバボーイズ)とは
レペゼン秋葉原のヲタクダンサーチームとして、ネットに投稿した関連動画の再生数が1億再生を超える、アニソンでブレイクダンスを踊るエンターテインメント集団。現在は8人体制で活動中、TVへの出演やCMへの出演、またアニソン大型フェスなどにも数々の出演をこなし、ダンスの表現の限界へ挑戦し続けている。
公式サイト:http://abstreem.co.jp/RAB/
YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCMmO8fiv0J34qc0qIO6t31A
  
●作画担当:マロン(RAB) プロフィール RAB(リアルアキバボーイズ)、FUNCTION6chのメンバーとして活動。温厚な性格で、笑顔が絶えないダンスが観客にもダンサーにも人気。絵を描くのが得意で、RABのメンバーとして活動する傍ら、漫画家としても活動している。
2018年9月より、総合電子書籍ストア「ブックライブ」内のオリジナルコンテンツサイト「ぶくまる」内で『新・RAB(リアルアキバボーイズ)の日常描いてみた』(https://booklive.jp/bkmr/category/free-reading/rab-marron)を連載。
公式Twitter:https://twitter.com/rabkuri
  
●シナリオ担当:徒箪バケツ プロフィール バーチャルシナリオライターとして活動。脚本・原作の執筆のほか、ライブの演出なども手掛ける。音楽原作プロジェクト『電音部』シナリオディレクター、『FLOW 超会議 2020 〜アニメ縛りリターンズ〜』演出協力など。
YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UC7r_hwV71TSyD7OpiqbDfdg
公式Twitter:https://twitter.com/iron_buckets
  
  
■「ぶくまる」について 総合電子書籍ストア「ブックライブ」の書店員が、「本当に面白い漫画・本」を厳選しておすすめしているサイトです。
 テーマ別マンガ紹介やコラムの他、マンガ家・田中圭一氏がマンガ家にインタビューする企画「わが生涯に一片のコマあり」、RAB(リアルアキバボーイズ)のマロン氏によるエッセイマンガ『新・RAB(リアルアキバボーイズ)の日常描いてみた』等を掲載しています。
「ぶくまる」URL:https://booklive.jp/bkmr
  
  
  
 総合電子書籍ストア「ブックライブ」は、"いつも心に「マンガ部屋」を。"をコンセプトに、人生を豊かにする本との出会いと、心ゆくまで楽しむことができるサービスを今後も提供してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------------------------
【総合電子書籍ストア「ブックライブ」概要】
 「ブックライブ」は、凸版印刷グループの総合電子書籍ストアです。2011年よりサービスを開始し、マンガ、書籍、ラノベ、雑誌など、国内最大級の品揃えを誇ります。読者の利便性を最優先に、いつでも、どこでも簡単に楽しめるサービスを提供しております。
  
●総合電子書籍ストア「ブックライブ」https://booklive.jp/
●公式Twitter https://twitter.com/BookLive_PR
  
 ≪「使いやすい電子書籍ストア」No.1を獲得≫
 2020年9月「電子書籍・電子コミックに関する調査」(実査委託先:ESP総研)において、「使いやすい電子書籍ストア」部門で第1位を獲得しました。
  
 -------------------------------------------------------------------------------------------------
【株式会社BookLiveについて】
 BookLiveは、「新しい価値を創造することで、楽しいをかたちにする」を企業理念とし、電子書籍ビジネスを担う企業として設立されました。読者の利便性を最優先に、「いつでも、どこでも、だれにでも、簡単に本が読める環境」の実現を目指し、事業を展開しています。また、設立以来、業界を牽引する様々な企業と連携し、新たなビジネスモデルを創出するなど、電子書籍の新たな可能性の探求を続けています。
URL: https://www.booklive.co.jp/

本文中に記載されている会社名、サービス名及び製品名等は各社の登録商標または商標です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先】
 株式会社BookLive サービスPR担当 e-mail:booklivepr@booklive.co.jp