マンガ原作のシナリオコンテスト「フレックスコミックス 漫画原作大賞」を開催

あなたの応募作品がマンガ化・電子書籍化のチャンス!
マンガ原作のシナリオコンテスト
 「フレックスコミックス 漫画原作大賞」を開催

フレックスコミックス×BookLive×Nolaが原作デビューをサポート


凸版印刷株式会社のグループ会社である、株式会社BookLive(本社:東京都港区・代表取締役社長:淡野 正・以下、当社)は、当社が運営する総合電子書籍ストア「ブックライブ」と、『邪神ちゃんドロップキック』や『「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます』などの人気マンガを連載する当社グループの出版社「フレックスコミックス株式会社」および、物語の創作をサポートする執筆ツール「Nola(ノラ)」を提供する株式会社indentと共同主催で、マンガ原作のシナリオコンテスト「フレックスコミックス 漫画原作大賞」を設立し、本日から2023年1月31日まで作品を募集いたします。
応募サイト:https://contest.nola-novel.com/flexcomix2022

【「フレックスコミックス 漫画原作大賞」とは】
「フレックスコミックス 漫画原作大賞」では、新たなマンガの原作となるオリジナルシナリオを募集します。今回の募集部門は【女性向け異世界部門】【女性向け明治・大正ロマン作品部門】の2部門です。
西洋風の貴族社会を舞台にした異世界マンガや、明治・大正時代をテーマにした恋愛マンガは近年人気が高まっている注目ジャンルです。フレックスコミックスの作品においても、西洋風のファンタジーな世界を舞台にした『「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます』は、ブックライブの2022年上半期ランキングで少女・女性マンガ1位(総合ランキング2位)を獲得しました。
読者からの注目度の高いテーマの中で、より新たな・斬新な発想を求め、この2部門のシナリオコンテストの実施に至りました。
 
フレックスコミックス株式会社は、マンガレーベル「COMICメテオ」「COMICポラリス」「COMICアーク」を運営する出版社で、『邪神ちゃんドロップキック』(COMICメテオ)や、『おじさんはカワイイものがお好き。』(COMICポラリス)、『「きみを愛する気はない」と言った次期公爵様がなぜか溺愛してきます』(COMICアーク)などの人気作を輩出し、アニメ化・実写ドラマ化された作品もあります。
今回、大賞に選ばれた作品は、賞金30万円とともに、このフレックスコミックス株式会社が運営するいずれかのレーベルで連載、紙単行本化、電子書籍化されるチャンスがあります。マンガは、全国書店で発売されるほか、総合電子書籍ストア「ブックライブ」をはじめとした各電子書籍ストアで配信します。
 
原稿は"小説形式"で応募可能となっています。フレックスコミックスの次の人気作品となるようなマンガ原作作品のご応募をお待ちしております。
 
■フレックスコミックスの代表作(一部):
左から『邪神ちゃんドロップキック』(アニメ化)、『おじさんはカワイイものがお好き。』(実写ドラマ化)、『黒崎さんの一途な愛がとまらない』、『「きみを愛する気はない」と言った次期侯爵様がなぜか溺愛してきます』、『宮廷女官ミョンファ 太陽宮の影と運命の王妃』
【コンテストの特徴】
アニメ化・実写ドラマ化など数々のメディアミックス作品を生み出したフレックスコミックスから原作デビューのチャンス。電子コミック配信では、当社の運営する総合電子書籍ストア「ブックライブ」をはじめとする電子書店を通して、多くの読者に作品を届けます。
 
【審査員コメント(代表)】
吉本美雅子(COMICメテオ・COMICポラリス編集長)
 
今までずっと、マンガ家さんと二人三脚でマンガ作品を創り上げてきたフレックスコミックスですが、この度、「マンガ原作」を募集することになりました。どうぞよろしくお願いいたします。
「マンガ原作」ということで、一人でコツコツと書き上げていく小説とは少し異なるアプローチにはなりますが、マンガ家さんと共にひとつの作品を創り上げていく楽しさがそこにはあります。
数多くの読者が感動し、泣いて笑ってドキドキが止まらない、そんな素敵な作品を新たな才能の皆様と一緒に作らせていただきたいです。
特に、今回募集の2部門の内容に「ご自身」がときめいてワクワクしながら執筆していただける、そんな作家さんの応募を楽しみにお待ちしております!

【応募要綱】
 ■募集期間

・募集:2022年10月28日(金) ~ 2023年1月31日(火)
・結果発表:2023年3月某日 応募サイト上にて発表
 
■賞品
 大賞:賞金30万円×若干名

フレックスコミックスにてマンガ化・電子書籍配信のチャンス。
総合電子書籍ストア「ブックライブ」等を通して販売促進を行います。
 
 
■募集部門
 ①女性向け異世界部門

今、マンガ業界を席巻している「異世界」ジャンル。「転生」や「魔法」に次いで異世界作品の新たなスタンダードとなるような、斬新なアイデアや発想を求めています。
こちらの部門では恋愛をメインテーマとする「ラブロマンス作品」、恋愛以外をメインテーマとする「サスペンス作品」の2つのテーマにて作品を募集します。
 
②女性向け明治・大正ロマン作品部門
和と洋が混在する明治・大正時代。新時代でありながら、いにしえの文化や慣習をまだ色濃く残す過渡的な時代でもあります。そんな世界を描く作品を求めています。
こちらの部門では恋愛をメインテーマとする「ラブロマンス作品」をテーマに作品を募集します。
 
■応募方法
募集期間内に、応募サイト下部の「原作小説を応募する」ボタンから専用応募フォームに移動し、必要事項をご記入の上ご応募をお願いします。
提出物や原稿の提出方法、注意事項などは応募サイトをご覧ください。
応募サイト:https://contest.nola-novel.com/flexcomix2022
 
■その他
本コンテストでは執筆ツール「Nola」の活用をおすすめしています。
https://nola-novel.com/
PC版Nolaでは、本コンテストの提出用にCSVファイルで出力することができます。
合わせて「Nola」では物語に登場する人物の名前、年齢、性格、見た目、生い立ち、能力・スキル、などのキャラクター設定を管理する行うこともできます。

-------------------------------------------------------------------------------------------------
【総合電子書籍ストア「ブックライブ」について】
 「ブックライブ」は、凸版印刷グループの総合電子書籍ストアです。2011年よりサービスを開始し、マンガ、書籍、ラノベ、雑誌など、国内最大級の品揃えを誇ります。読者の利便性を最優先に、いつでも、どこでも簡単に楽しめるサービスを提供しております。
  
●総合電子書籍ストア「ブックライブ」https://booklive.jp/
●公式Twitter https://twitter.com/BookLive_PR
  
 -------------------------------------------------------------------------------------------------
【株式会社BookLiveについて】
 BookLiveは、「新しい価値を創造することで、楽しいをかたちにする」を企業理念とし、電子書籍ビジネスを担う企業として設立されました。読者の利便性を最優先に、「いつでも、どこでも、だれにでも、簡単に本が読める環境」の実現を目指し、事業を展開しています。また、設立以来、業界を牽引する様々な企業と連携し、新たなビジネスモデルを創出するなど、電子書籍の新たな可能性の探求を続けています。
URL: https://www.booklive.co.jp/
  
 -------------------------------------------------------------------------------------------------
【フレックスコミックス株式会社について】
 フレックスコミックスは、漫画表現の新しい形を提案する、コンテンツ創造カンパニーです。
  
URL: https://flex-comix.jp/
  
 -------------------------------------------------------------------------------------------------
【小説執筆ツール「Nola」について】
 「Nola(ノラ)」は、indentが運営する作家専用執筆ツールです。
 PCとスマホの双方で、データを同期して利用できることに加え、プロットや登場人物の管理などを通して、構造的な物語の創作をサポートできるのが特徴です。「物語の構成や設定を保存して、それを見ながら執筆できるサービスがあったら便利かな。」という思いから着想をはじめ、作家の皆さまとのオフ会やお問い合わせなどを通してご意見を伺いしながら、書き手の皆さまの創作の一助になるようなツールの開発や、作家デビューにつながるような取り組みに向け、動いてまいりました。原稿の執筆機能、参加資料の保存機能、プロットの作成機能で、作家様の執筆を少しでもサポートできるよう開発しております。
  
●NolaサービスHP https://nola-novel.com/

本文中に記載されている会社名、サービス名及び製品名等は各社の登録商標または商標です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先】
 株式会社BookLive 広報・PR担当 e-mail:booklivepr@booklive.co.jp